fintech info

fintech Info

仮想通貨の最新情報&便利サイト

coincheck ハッキングによりNEM(580億相当)流出

仮想通貨取引所コインチェックで仮想通貨「XEM」が5.4億XEM、日本円にして約620億円以上が引き出されていることが分かった。
MtGOX(約142億)やTheDAO(約55億)など過去の盗難事件と比較しても、最大の事件となる。

1月26日、その詳細を説明する緊急記者会見が東京証券取引所で行われた。
23時30分に会見は始まり、27日1時過ぎまで続く異例の事態となった。

コインチェック代表取締役社長の和田氏は「本件に関しまして、皆様をお騒がせしていますことを深くお詫び申し上げます。たいへん申し訳ございませんでした」と謝罪。

2時57分(以後、すべて1月26日):事象の発生(コインチェックのNEMアドレスから、5億2300万NEM(検知時のレートで約580億円)が送信される。

11時25分:NEMの残高が異常に減っていることを検知

11時58分:NEMの入出送金を一時停止

12時7分:NEMの入金一時停止について告知

12時38分:NEMの売買一時停止について告知

12時52分:NEMの出金一時停止について告知

16時33分:日本円を含むすべての通貨の出金を一時停止について告知

17時23分:ビットコイン以外の仮想通貨の売買、出金を一時停止・告知

18時50分:クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金の一時停止について告知

23時30分:記者会見

不正流出の原因や被害ユーザー規模は調査中であり、判明次第発表とのことである。
コインチェックは「顧客最優先」として対応していくと述べた。

なお、ネム技術の発展を推進するネム財団は、今回の事件を受け、流出資金の自動追跡プログラムの開発し24~48時間以内には稼働できると述べた。

————————-
仮想通貨界では取引所から資金を引き出せなくなることや取引所が破綻することが度々起こっている。
そのため、取引所に資金を入れたままにせずにハードウェアウォレットなどに移すことが推奨されてきた。ただ実際には取引所に資産を預けたままでいる利用者も多い。

仮想通貨に対するリテラシーや理解度はまだまだ発展途上であり、記者会見を聞いていても、仮想通貨そのものに対しての質問や、同じ質問が繰り返されたり記者側の仮想通貨に対する理解度も疑問視せざる得なかった。

今回、コインチェック側に責任があり、顧客の資産が手元に戻ることが何よりの最優先事項ではあるが、この反省を機に業界全体のセキュリティ水準の向上、新規参入者や未経験者に向けてのリテラシー向上の機会が増えることを願う。等サイトも少しでもリテラシー向上の手助けになれるよう発信していきたい。

fintech info 編集部

カテゴリー: 仮想通貨記事

page top