fintech info

fintech Info

仮想通貨の最新情報&便利サイト

スターバックス ハワード・シュルツ会長のブロックチェーン、仮想通貨に対しての見解

複数のメディアの報告によると、スターバックスの経営幹部の関心が仮想通貨とブロックチェーンに向いていると伝えられた。ただ、スターバックスがすぐにでもビットコインを取り入れようとしていると早とちりしないことである。

実際、スターバックスコーポレーションの会長兼社長兼最高経営責任者のハワード・シュルツ氏は、ビットコインは近かろうと遠かろうと将来お金になるとは考えていない。
ブロックチェーン、決済、仮想通貨についてハワード・シュルツ氏は以下のように述べている。

「スターバックスは電子通貨を作っている、または投資していると発表しているからビットコインを取り入れることはしない。ただ会社の将来や消費者行動を考えると取り入れるべきである。個人的には、ブロックチェーンテクノロジーによって根拠づけられた信用できる電子通貨が1つか、またはいくつかになると信じている。」

ハワード・シュルツ氏の発言には、スターバックスの企業経営者が仮想通貨やブロックチェーンをどのように認識しているかを示しており、同社がBitcoinを採用するといった内容や、専用アルトコインを実装することを決定するといった内容のニュースが広まることを防ぎたいという考えが含まれている。

fintech info 編集部

カテゴリー: 仮想通貨記事

page top